ITONAMI-政治をもっと面白く、政治をみんなの営みに。-

政治をもっと面白く、政治をみんなの営みに     

  
               
    
  1. TOP
  2. 未分類
  3. 長く働いていれば悪さもしないという幻想

長く働いていれば悪さもしないという幻想

マイナンバー導入の業務発注を巡る収賄事件。逮捕された厚生労働省の中安室長補佐は、電子カルテの普及など、医療のIT化政策に長年携わってきた人物とのこと。 厚労省の中で同容疑者は「長年の経験から医療IT分野などの知識が抜きんでていた」、「真剣に仕事に取り組んでいた」と評判が悪くなかったようです。 しかし、驚いたのは「昨年、週の半分程度も職場に出勤していなかった」、「何をしていたか把握できていない」という上司らの記者会見等でのコメント。 私は勤務体系は職種によって自由で良いと思っていますが、週の半分も出勤せずに許されるのは営業成績などの明確な「利益目標」や「数値目標」を設定できる場合だと思います。総務や事務職、そして調整役などの数字で表せない仕事を担当している場合、その管理は厳しくしないといけません。 しかも民間企業であれば、成績が上がらなければクビや減給をすれば良いのですが(自由の代償は責任なのです)、お役人の場合はクビになることは殆どありません。適当な仕事をしていても、国民の税金から高い給与を払い続けることになります。だったら尚更、管理を厳しくする必要があります。数値目標もノルマも無い職員を自由にさせるなど、ありえません。 また、どうしても日本人は「長く働く=(イコール)正しい」という幻想に陥りやすいと思います。それは社会全体が続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』