ITONAMI-政治をもっと面白く、政治をみんなの営みに。-

政治をもっと面白く、政治をみんなの営みに     

  
               
    
  1. TOP
  2. 未分類
  3. ラグビーW杯での3勝(多様性に満ちた日本)

ラグビーW杯での3勝(多様性に満ちた日本)

ラグビーのワールドカップで11日、日本は米国に28-18で快勝し、今大会を勝ち星3で終えました(うち1勝は過去2回の優勝を誇る南アフリカから!)。目標だったベスト8入りはかないませんでしたが、素晴らしい闘いを心より称えたいと思います(3勝を挙げた国の1次敗退は初めてとのことで、少し残念ではありますが…)。これまで7回の大会を通じて僅か1勝だった日本チームの歴史的快挙を導いたのは、日本人の「俊敏性」に「力」を加えたJAPAN WAYというエディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)独自の戦略です。就任以来ジョーンズHCは、日本の原点とも言える「低いタックルと、常にボールを動かし運動量で勝るラグビー」を1試合80分間通してやり抜くためのトレーニングを徹底して行いました。それに加えて、弱点だったパワー不足を補うために世界屈指のフィジカル鍛錬と、スクラムの強化に取り組みました。また、外国出身の選手も積極的に起用しました。「全選手が日本人なのが理想かもしれない…しかし、私の仕事は国際レベルで戦える選手の中から代表を選んでコーチすること」そう言って、ジョーンズHCは、31人の日本代表に躊躇せず10名の外国出身選手を選びました。このような編成は、もちろん国際ルールに則っていますし、他の国・地域と比べても突出しているわけではありませんが、やはり日本ならではの賛否両論がありました。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』