少額で気軽に株式投資を始める方法!

[PR記事:松井証券]

「公的年金だけでは老後の資金が足りず、夫婦で2000万円の金融資産が必要になる・・・。」
金融庁が公表した報告書の記述をめぐって、世間はザワザワしていますね。

2000万円の貯金となると、なかなかに難しい気がしてしまいます。

ただし、銀行に預けていてもお金はなかなか増えませんが、投資を上手くすると1000万円や2000万円を貯めるのは意外と簡単です!
また、これは私の個人的な感覚ではありますが、頑張って節約をしていても、節約をすることでストレスが溜まってしまい、どこかでブランドの洋服や旅行など、、、浪費をしてしまい結局、我慢だけでは上手く貯めきる事ができません。

投資しましょう・・・・!

FXやビットコインなど、ギャンブル性の高い投資や、海外株式など難しそうな投資もありますが、ここはオーソドックスに日本企業の上場株式への投資はいかがでしょうか!?

株式投資と聞くと、敷居が高いと感じるかもしれませんが、少額で始めることも出来て、リスクも少なく、安心です。

では、少額での株式投資のコツを見ていきましょう。

少額での株式投資のコツ①:PBR

株式投資の為の指標には色々な内容があります。有名なものではPER(株価収益率:1株あたりの利益)などがありますが、今回はPBRに注目していきましょう!
PBRとは株価純資産倍率の事で、Price Book-value Ratioの略です。現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割安かどうかを判断する指標で、「株価」÷「1株当たり純資産(BPS)」の計算式で表されます。
会社は土地を持っていたり、銀行口座に預金があったり、色々な形で資産を持っています。
計算の根拠まで理解しようとすると少しむずかしいですが、PBRが1を下回っていると会社の保有資産より株価が割安、1を上回っていると割高となり、PBR=1倍が株価の底値と言われています。銀行などの銘柄だと保有資産が多いので、PBRが1を下回る事が多いです。
スクリーンショット 2019-07-28 21.27.13
東急不動産(東証1部3289)のPBRを見ると、0.82倍でした。※2019/7/26終値

少額での株式投資のコツ②:配当

株式投資で利益を得る方法は、大きく分けて2つあります。
1つは、キャピタルゲインと呼ばれる安いときに株を買って、高いときに株を売ることで得られる値上がり益。
例えば1株300円のときに100株買っていたA社の株が、1株350円になると、(350-300)×100円=5000円の利益になりますね!
※このくらいの金額での取引の時に、手数料を取らない証券口座で口座開設出来ると理想的です。
もう1つ利益を得る方法は、インカムゲインと呼ばれるいわゆる「配当」での収入です。銀行への預金で東進をする場合は、受取利息がインカムゲインですね。
例えば、みずほフィナンシャルグループ(東証1部8411)の場合、2019/7/26の終値は1株157.4円
ですが、1株あたりの配当は7.5円です。
100株単元となるので、15,740円で購入しておくと、毎年750円の収益があるということです。配当利回りは4.76%。
これはみずほ銀行で定期預金をしても0.01%なので、、、、よっぽど良い料率ですね。笑
スクリーンショット 2019-07-28 21.27.32

少額での株式投資のコツ③:株主優待

株主優待は株主へのプレゼント何よりも楽しみなのが、株主優待。
総額10万円以下の投資でも、クオカードや会社のオリジナルグッズなど、色々ともらえますので、Yahoo!ファイナンスなどで是非調べてみてください。

少額での株式投資のコツ④:会社を好きかどうか

難しいことが分からなくても、応援したい会社の株を買うことが続くコツです。
好きなアーティストやアイドルのファンクラブに入ったら、年会費がかかりますよね。
でも株の場合は、年会費はかかりません。初期費用も入会金のように払いっぱなしのお金ではなく、良きタイミングで売ることでキャピタルゲインを得ることも出来ます。
また、残念ながら買った会社の株価が落ちてしまったときも、応援したい会社であれば買い足すという選択肢も出てきますね!

どのような投資でもそうですが、余裕資金で続けることが大事です。
「月末の支払いまでに20万円余裕があるから、株を買ってみよう」なんて思って始めて見ると、
お金が必要になったときに、損失が出ていたとしても撤退しないといけない。
また、生活で必要なお金だと、一時的に損失が出ているときもストレスですよね・・・。
まずは、余裕のある資金で少しずつ株式投資をすることをオススメします。

ここでオススメなのは松井証券の口座

私は最初に証券口座を開いた証券会社は、マネックス証券でした。
初心者向けの情報提供ではマネックス証券も良かったですが、アプリや画面の操作性から、松井証券の口座に切り替えました。

他にも、松井証券口座のメリットは下記があります。
・口座開設手数料無料
・1日合計10万円以下の株取引手数料無料
・同業他社では有料の「QUICKリサーチネット」が無料で利用可能

自分自身の将来設計も見据えて、思い立ったタイミングで松井証券にて株式投資を始めて見ましょう!

少額投資を始めるなら「松井証券」で