11月10日の即位パレードがよく見える場所は?ポイントをまとめました!

10月22日(火)は、天皇即位を国内外に広く披露するための儀式「即位の礼」が行われる日。世界各国の要人が参列のために来日されました。そこで10月22日は例外的に休日に。国民が天皇即位を祝うことができるように、とのことです。

しかしながら、「即位の礼」のあとに行われる予定であった「即位パレード」は、台風被害の復興を優先させるために延期。11月10日(日)に行われることになりました。つまりこれからパレード見物を計画することも可能!そこで、即位パレードが見える場所やおすすめポイントをまとめてみました。

即位パレード(祝賀御列の儀)とは?

即位パレードの正式な名前は祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)。即位に関連する儀式は、基本的に皇居内で執り行われるため、国民はそれを直接見ることはできません。そこで、国民が即位を祝福できるように行われるのが天皇皇后両陛下による即位パレードです。

即位パレードのスケジュール

もともとは「即位の礼」が午後1時から執り行われ、午後3時半ごろからパレードが始まる予定でした。11月10日に変更されたことで、やや時間が前倒しに。午後3時に皇居を出発される予定です。到着地は赤坂御所。午後3時半までの約30分をかけてパレードが実施されます。

即位パレードのルート

即位パレードのルートを簡単にまとめると次のようになります。

宮殿→二重橋前交差点→桜田門交差点→国会議事堂前→赤坂見附→青山通り→赤坂御所

広い国道と歩道があり、両脇には高層ビルが立ち並んでいるエリアが主な舞台です。裏道に入ると多少の飲食店はあるものの、初めて来た人にとっては、敷居が高いと感じる場所かもしれません。

即位パレードが見える場所5選

即位パレードの当日はかなりの人が集まる見込み。とくにコース沿いはかなり混雑すると思われます。見える場所を探してうろうろすると、かなりの体力を消耗してしまうかも。そこで事前に即位パレードが見えるポイントをチェックすることをおすすめします。

1.二重橋交差点付近

宮殿を出発したあと、国民の前にパレードが初めてあらわれるのが二重橋交差点付近。二重橋は皇居内にある橋で、正式名称は「正門鉄橋」と言います。皇宮護衛官の儀仗隊がおり、橋そのものに近づくことはできません。重厚感ある二重橋をバックにパレードが見えることが二重橋交差点の特徴。競争率はかなりの高さになります。

2.桜田門交差点付近

桜田門交差点は桜田通りの始点となる場所。パレードは桜田通りではなく、青山通り方面に向かいます。桜田門交差点は皇居が近いこともあり、高層ビルが立ち並びながらも、緑地帯と桜田濠の水面が美しい風景を作り出しています。自然と人工の素晴らしい調和が見えることから、パレードの場所取りスポットになることが予想されます。

3.国会議事堂前

即位パレードのコースのなかで歩道の幅に余裕があるのが国会議事堂正門前。国会議事堂が映り込むように写真を撮れば、かなり絵になること間違いなしです。ただ、歩道の一部分は並木道になっています。普段は開放感がある場所ですが、人が殺到して身動きがとれなくなると、木が視界を遮り見えにくくなることがありそうです。

4.赤坂見附交差点付近

赤坂見附交差点は、外堀通りと青山通りが交差する五叉路。車線が多いことから交通の難所として知られるスポットです。分離帯、右折左折レーン、安全地帯などのバランスが絶妙!と、写真撮影スポットとしても大人気の赤坂見附交差点。ダイナミックな空間とパレードの組み合わせは、かなりの感動を呼ぶはずです。

5.青山通り

青山通りは赤坂御用所の緑地をバックに即位パレードが見えるエリア。直線距離が長いことから、パレードが進行するプロセスがよく見えます。日ごろからショッピングなどで多くの人が集まる青山通り。即位パレードの雰囲気を楽しみながら、カフェやショッピングを楽しみたいなら、青山通り付近をメインにするといいでしょう。

即位パレードでは新調されたオープンカーも話題に!

令和の即位パレードでとくに話題となっているのが、両陛下が乗車されるオープンカー。なんと29年ぶりに新調されたものだそうです。

パレードにあわせてトヨタの「センチュリー」を改造

利用されるオープンカーはトヨタの「センチュリー」を改造したもの。「センチュリー」は1967年から製造されている最高級乗用車で、伝統と品格を感じさせるデザインが特徴的です。前席よりも後部座席の座面を4センチほど高くして、両陛下の姿が見えやすいように配慮。背もたれの角度も、いちばん美しく見えるように調整されています。

「センチュリー」を買うことはできるの?

これを機会に、オープンカーと同じ車種を買いたい!と思う人も多いでしょう。もちろん「センチュリー」を購入することは可能。ただ、「センチュリー」は普通の人には買えないという都市伝説があるほど特別な車種。手付け金も高額で、転売防止のための審査もあるそうです。カタログを貰うことは可能ですが、即位パレードによる注目度の高さから、しばらくは入手が難しいでしょう。

まとめ

即位パレードは「政府インターネットテレビ」により中継される予定です。テレビ番組などで、何らかの特番中継も行われると思います。日曜日にスケジュールが変更されたことから、自宅でゆっくりパレードを見るのもいいかもしれませんね。