年金問題は参院選2019の争点となる?年金 2000万円不足騒動の経緯をおさらい

ここ最近、メディアをにぎわせているのが「年金2000万円不足」という問題。テレビや新聞などで、年金制度の現状やそれを補うための投資の準備などが特集されています。

報道が過熱するきっかけとなったのが記者を前にした麻生太郎金融担当相の発言。老後に2000万円不足することを話題に出したことで波紋が広がりました。

参院選2019が迫る時期にわき起こった年金2000万円不足騒動。そこで年金 2000万円不足騒動が勃発した経緯と、きっかけとなった金融庁の報告書の趣旨を整理してみます。

【年金2000万円不足騒動】この騒動は何が発端になり起こった?

年金2000万円不足騒動が起こるきっかけとなったのが、6月3日の記者会見における麻生太郎金融担当相の発言。金融庁が出した報告書をうけてのものでした。

100歳まで生きることを前提に計算すると、老後に2000万円が不足することを指摘。不足することを前提に自分なりに考えていこうぜ、という趣旨の発言をしました。

この発言により「2000万円なんて無理だ!」「支払っている年金保険料は返ってこないの?」などと日本中が動揺。年金制度はすでに崩壊の見通しなのではないかと危惧されました。

【年金2000万円不足騒動】そもそも年金制度は安泰ではないの?

大部分の国民が支払っている国民年金保険料は、これまで段階的に引き上げられてきました。その名目は、「痛みの共有」を通じて年金制度をより安定した状態にすることでした。

国民年金保険料の支払いは国に対する信頼が前提。老後の暮らしが保証されることを信じて、決して安いとは言えない保険料を支払っています。

麻生太郎金融担当相の発言は、100歳まで生きたらそれだけでは足りないというもの。自分で投資をして、老後のための資産作りを進めましょうと呼びかけるものでした。

【年金2000万円不足騒動】金融庁の報告書に書かれている内容とは?

金融庁の報告は、夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職夫婦世帯をモデルとするもの。家計収支のグラフとともに、老後に必要とされる費用の試算を示したものです。

それによると、実収入が年金など20万9198円、実支出が26万3718円。そこから毎月の不足する額は、平均して約5万円になると算出しました。

そこから老後に不足する額はあわせて1300万円から2000万円になると報告。この箇所が大きく注目され、年金だけでは2000万円が足りなくなるという見方が一気に広まりました。

【年金2000万円不足騒動】この報告書を作成したのは誰なの?

そもそもこの報告書を作成したのは誰なのでしょうか。ここで押さえておきたいのが、報告書の作成者は、年金行政を担当する厚労省ではないという点です。

この報告書を作成したのは金融審議会の「市場ワーキング・グループ」。大学や研究機関の専門家、投資会社や民間企業の役員、弁護士などから構成される麻生太郎金融担当相の諮問機関です。

ワーキング・グループは計12回にわたって国民の安定的な資産形成について検討・審議。それらを踏まえて「高齢社会における資産形成・管理」と題する報告書を作成しました。

【年金2000万円不足騒動】この報告書を作成した狙いは?

市場ワーキング・グループの報告書は、報告書のタイトルが示唆するように、老後に不足する2000万円をしっかり貯金するように呼び掛ける内容ではありません。

退職前と同じだけの生活水準を維持するために、少なくとも2000万円を投資にまわすことを推奨。この報告書の狙いは、まとまった額の投資を通じて資産運用を活性化することにありました。

【年金2000万円不足騒動】政府はどのような対応をした?

金融庁の報告書は結果として大々的に報道されることに。きっかけとなる発言をした麻生太郎金融担当相は、金融庁の報告書は受け取らないという前代未聞の表明をするはめに。

この理由として挙げたのが、国民に大きな不安や誤解を与える、そして政府の政策スタンスと異なる報告書であるということ。自分で指示をして作成させた報告書の受け取りを拒否するという異例の事態になりました。

【年金2000万円不足騒動】参院選2019に与える影響はあるの?

この騒動を受けて自民党の林幹雄幹事長代理は、金融庁に報告書を撤回するように要求。そのうえで、国民に誤解を与えたとして金融庁を強く批判する態度を示しました。

第1次安倍政権は2007年の参院選にて惨敗したという過去があります。そのきっかけとなったのが「消えた年金」問題。野党からの追及をかわしきれず、さらに閣僚の不祥事が続いたことで、支持率が急落する結果となりました。

もともと年金問題にトラウマがある安倍政権。参院選2019では、年金問題は選挙の争点としたくないのが本音です。そこで今回は、金融庁の暴走として収束させようとしていると受け取られています。

まとめ

年金制度をめぐる問題は、この騒動の有無にかかわらず、参院選2019の争点のひとつとなることが本来の姿。

年金2000万円不足騒動は、選挙前であるにも関わらずなんとなく埋もれていた年金制度の問題を思い出させてくれる結果となりました。

そこで参院選2019を前に、自分の人生のなかの年金制度が占める位置を改めて考えてみてもいいかもしれませんね。