紙幣のデザインが変わる!変更のタイミングは?発表の狙いは何?

2019年4月9日、2024年度の上半期に紙幣のデザインが変わることが、麻生太郎財務相から発表されました。紙幣の「顔」が、渋沢栄一、津田梅子、野口英世と、すべて変更されるそうです。印刷される肖像に加えて、数字の大きさや額面表示も変わるとのこと。そのため、現在の紙幣とは、印象がかなり変わるのではないかと言われています。

紙幣のデザインは20年ごとに変わることが通例。巧みな偽造を防ぐことが主な理由です。加えて今回は、通常は2年前のところ、5年前に発表されたことも話題に。何か政治的な意図があるのでは?と憶測を呼んでいます。新紙幣を話題にすることで、安倍政権の支持率を高めようとしたという意見も少なからず聞こえてきます。

紙幣のデザインが変わるタイミングは20年ごと

前回、紙幣の変更が行われたのが2004年。もともと、1万円札が福沢諭吉、5千円札が新渡戸稲造、千円札が夏目漱石の肖像でした。それが、1万円札はそのままで、5千円札が樋口一葉、千円札は野口英世に変わりました。同じタイミングで、紙幣の裏面のデザインも一新されました。

日々、紙幣の偽造を防ぐための研究が進んでいます。そのため、紙幣のデザインの変更は、新しい印刷技術を導入する絶好のタイミング。現在の紙幣には、角度を変えるとデザインが変化するホログラムが導入されていますが、2024年の新しい紙幣ではさらに進化。斜めに傾けると肖像が立体的に見える、世界発の最新技術が反映される予定です。

紙幣に肖像が印刷される理由は?新しい「顔」はどんな人?

紙幣には、人物の肖像が必ず印刷されています。これには明確な理由が。まずは親近感。そして、肖像を入れることで、紙幣の種類を識別しやすくするという配慮。肖像をデザインに入れることで、陰影などの細かい描写を組み込み、偽造を難しくするという狙いも。「顔」としては、偉大な功績があり、かつ政治色が薄い人を選ぶ傾向があります。

日本資本主義の父:渋沢栄一

1万円札の「顔」となった渋沢栄一は、500近い会社を立ち上げた実業家。東京ガス、帝国ホテル、サッポロビールなど、今でも有名な大企業の設立にも関わっています。また、現在の一橋大学や東京経済大学の前身校の設立に協力するなど、実学を中心とした教育分野に貢献したことでも知られています。

日本の女子教育の先駆者:津田梅子

5千円札に印刷される津田梅子は、とくに津田塾大学の創立者として名前を聞くことが多い人物。上流階級ではない一般の女性が学ぶ場として塾を設立、現在の津田塾大学の基礎を作りました。女性が学問に触れる機会が少なかった明治時代、10年以上のアメリカ留学を通じて、最新の知識や考え方を日本に持ち帰ったことも大きな功績です。

日本の細菌学の父:北里柴三郎

新たに千円札の「顔」となる北里柴三郎は、ペスト菌を発見し、破傷風の治療法の研究をすすめた医学者。医学部や薬学部がある北里大学や、慶応大学の医学部の創立にたずさわりました。さらに、実業家としての一面もある北里柴三郎。医療機器を製造する会社の発起人のひとりとして、研究成果を技術的に応用させることにも貢献しました。

紙幣の額面表示はユニバーサルデザインを志向

紙幣のデザインの変更点として、見落としてはならない大きな変化が数字です。現在は、壱万円、五千円、千円と漢数字がメインです。それが、10000、5000、1000と、シンプルな算用数字が目立つように。これは、訪日外国人の増加にあわせた対応という見方が濃厚です。算用数字であれば世界共通。だれでもすぐに理解することができます。

また、現在の紙幣は、厳かな書体が特徴的ですが、ゴシック風のシンプルなフォントを使い、サイズは大きなものへと変更。色合いも明るくなるようです。日本の紙幣らしくないなぁと違和感を持った人も多いようです。とはいえ、外国人や視力の弱い人が理解しやすいユニバーサルデザインが採用されたと考えた方がいいでしょう。

選挙前にあえて新紙幣を発表したという見方も

これまでは、紙幣のデザインが変わるとき、2年前に発表されることが通例。今回、5年前の2019年に発表した理由のひとつとして、4月1日の新元号の発表、5月1日の改元と天皇即位からくる祝賀ムードと結びつけ、安倍政権の支持率を高めようとしたのではないか、という見方が濃厚です。

麻生財務相が、新紙幣のデザインの発表について、財務省側に伝えたのが2019年の1月。
紙幣の「顔」にする人物を絞り込んだ財務省は、3月下旬から4月上旬頃ころ、最終的な案を提出したと言われています。新紙幣の発表準備と、新元号を選ぶ作業は、ほとんど同時進行。サプライズ的な新紙幣の発表は、政権のインパクトを強める結果となりました。

紙幣が変わると、どのような経済効果がある?

紙幣のデザインを変更するいちばんの目的は偽造の防止。基本的に、経済効果を狙うという趣旨はありません。とはいえ、紙幣のデザインが変わることにより、通常とは異なる経済の流れが生まれることは確実です。

まずは、新紙幣を見分けるため、ATMや自動販売機がすべて改修されます。ここで発生する「特需」は、約1兆2600億円になる見込みとのこと。また、新しい紙幣が流通するタイミングで、関連するセールが活発になることは確実です。新紙幣を使って何か特別なものを買おう!と、独特な雰囲気のなか購買意欲が高まることも予想されます。

まとめ

今回は、通常よりも早い5年前に新しい紙幣のデザインが発表されました。紙幣のデザインは、まだ最終決定の段階ではなく、いろいろな角度から修正がほどこされていくそうです。紙幣の変更は、偽造防止という技術的な問題はもちろん、それによる政治面への影響や、間接的な経済効果など、いろいろな問題を投げかけてくれそうです。