トランプ大統領が大相撲を観戦!トランプ杯のゆくえは?どんな心配がある?

2019年5月25日から28日にかけて、ドナルド・ジョン・トランプ米国大統領が、夫人とともに日本に来日することになっています。トランプ大統領は、日本に滞在しているあいだ、天皇皇后両陛下との会見、安倍首相との会談などを予定しています。

今回、トランプ大統領の来日は、いつも以上に大きな話題となっています。その理由となるのが、大相撲の夏場所千秋楽にて、トランプ杯を授与する可能性があるから。その個性的な言動により賛否両論をまきおこす人物なだけに、注目度はかなりのものです。

令和初の国賓となるトランプ大統領

トランプ大統領は、5月1日に元号が令和となってから、初めての国賓。それについて、菅義偉官房長官は、「新たな令和の時代における初めての国賓として大統領夫妻をお迎えすることは日米同盟の揺るぎない絆を象徴するものだ」と記者会見で述べました。

ここ最近、トランプ大統領と安倍首相はひんぱんに会談を行っています。今回は、北朝鮮の非核化、拉致問題、貿易協定の交渉にかかわる事項を協議するもよう。そのほか、千葉県におけるゴルフプレー、両国国技館における大相撲観戦などが計画されています。

大相撲を一緒に観戦!トランプ大統領と安倍首相の関係性

菅官房長官の「地域や世界の平和と繁栄に貢献する日米のグローバルなパートナーシップがさらに強化されることを期待したい」という発言を裏づけるように、5月26日にトランプ大統領と安倍首相は、ゴルフプレーから大相撲観戦まで濃密な時間を過ごすようです。

それをうけて日本相撲協会は、5月26日分の正面升席をすべて確保しました。トランプ大統領、安倍首相のほか、関係者や警備などの席が必要。そのため今回は、千秋楽の正面升席の販売がまったくないという異例の事態となっています。

優勝者にトランプ杯を渡す構想が

トランプ大統領は、幕内の後半のみを観戦。その優勝者にトランプ杯(仮称)を授与する予定です。トランプ杯は、もともと大統領の強い希望から生まれたもの。4月に安倍首相と会談したときも、大相撲の観戦とカップ授与の構想を伝えていました。

トランプ大統領が登場するのは、千秋楽の最後の表彰式。まずは通常どおり、賜杯(しはい)、優勝旗、総理大臣杯の授与が行われます。トランプ大統領が土俵にあがるのは、おそらくそのあと。特注のカップを渡す流れになるようです。

シラク仏大統領がカップ授与したという過去も

外国の要人が、独自のカップを授与すること自体は、すでに前例があります。それが、フランスのシラク元大統領(当時)。2000年から7年のあいだ、毎年「フランス共和国大統領杯」を贈ってきたことは有名な話です。

これは、取り組み結果をリアルタイムで知りつくすなど、シラク元大統領自身が熱心な大相撲のファンであったことから実現。1986年の市長時代、大相撲の巡業がパリで行われる際は、それを自ら主宰。1995年にはフランス大統領として巡業を主催するほどでした。

プロレス興行の経験も!格闘技好きなトランプ大統領

トランプ大統領の場合、大相撲というより熱狂的な格闘技ファン。1988年、ニュージャージー州のアトランティック・シティにて、自らホストとなりプロレス興行を行った過去が。また、WWEの興行である「レッスルマニア23」で、レスラーを立てて代理試合をしたこともあるんです。

これは「億万長者対決」と題された、今となっては伝説的な試合。対決相手となったのが、団体の主催者であるヴィンス・マクマホンでした。2人とも「かつら疑惑」があったことで、敗者が頭を刈りあげることを約束。代理試合であるとはいえ、トランプ大統領も場外乱闘を展開。結果、トランプ大統領がみごと勝利しました。

トランプ大統領の政治はプロレス的?

プロレスを盛り上げる要素のひとつがマイクパフォーマンス。レスラーたちは、ショーを盛り上げるために、生きた英語を操るトレーニングを欠かさないそうです。トランプ大統領の政治家としてのパフォーマンスには、随所にプロセス的な要素があると言われています。

トランプ大統領のスピーチの特徴は「煽る」こと。派手な身振りをまじえて過激な発言を繰り返し、相手を怒らせます。これは、プロレスのマイクパフォーマンスと相通じる方法。アメリカでは、「億万長者対決」時代のスピーチと現在の政治家としてのスピーチは、さほど変わりがないと感じられているとのことです。

トランプ大統領の土俵上でのふるまいが注目点

トランプ大統領の大相撲観戦の背景に、彼のプロレスなど格闘技に対する熱狂があることは確か。そのため、トランプ大統領が表彰式で土俵にあがったら、何をしでかすか分からないと心配する声もあがっています。

大相撲とプロレスを区別せずに、派手なパフォーマンスや演説を始める可能性も捨てきれません。相撲は神聖な国技という位置づけ。もちろん、事前に説明すると思われます。とはいえ、破天荒な言動が目立つトランプ大統領なだけに、関係者の心配は尽きません。

まとめ

5月16日の大相撲千秋楽は、力士の取り組み結果はもちろん、トランプ大統領の言動にも注目が集まりそうです。普段、大相撲に興味がない人も、この日のことを気にする人も多いはず。国技館におけるトランプ大統領の様子を観察することで、プロレス愛好家としての彼の一面を垣間見ることができるかもしれません。